ビジネスでの貸会議室の利用用途

採用活動の場として利用する

企業は新入社員を募集する機会を設けており、
その企業に興味を持っている、就職を希望している学生に対して就職説明会やセミナーを開催します。

 

学生に人気の高い企業では就職説明会の予約を取るのも大変であり、
開始からたったの数分でセミナーの予約が締め切られてしまうこともあるようです。

 

就職説明会ではその規模にもよりますが、
何百人の学生を集めて行われますので広いスペースが必要になります。
いくら有名企業であっても、そのような大きな会場を持っている企業は少数です。
だからといって数回、数日に分けてセミナーを実施するのも非効率的です。

 

その都度就職説明会やセミナーに関連するスタッフを駆り出さなくてはいけなくなってしまうため、
通常業務に支障をきたす可能性があるからです。

 

また就職説明会やセミナーを実施するに当たって、大量の椅子や机が必要になります。
普段はそれらを使用する機会がほとんどない場合、
参加者の数に合うだけの椅子や机を用意できないのです。
そのためにわざわざ椅子や机を購入するのも経費のムダになってしまいます。

 

そこで貸会議室を借りて就職説明会やセミナーを実施するのです。
そのような大型の会場では椅子や机の必要備品も揃っていますので、新たに買い揃える必要もありません。

 

また収容人数の大きな会場を借りることにより、
一度に多数の学生を集めることができるようになります。
そのおかげで説明会やセミナーの開催数も最低限で済ませることができるようになります。

 

 

株主総会を開く

株式会社の場合、一年に一度株主を招いて株主総会を実施しますが、
その株主総会を貸会議室にて行うケースが増えているのです。

 

それまで株主総会は企業内の会議室やホテルなどを利用して行われるケースが多かったのですが、
より多くの株主を招いてそれをIR活動の場として利用する動きが目立つようになったのです。

 

欧米諸国の企業のように日本企業も株主を重視する傾向が強くなってきており、
株主総会の場で株主に企業活動を説明、
今後の企業の活動などについて理解してもらうように努めるようになりました。
株主総会の場にて今後の新商品や新戦略の発表を行う企業も増えてきています。

 

株主総会用の貸会議室の多様であり、
例えば株主総会に参加するために来場した株主様がくつろげる控室を設けている貸会議室もあるのです。

 

中にはホテルの控室のように豪華な椅子やテーブルが用意されており、
簡単な軽食をとっていただけるように配慮することも可能です。
株主の方々に満足してもらえるためにも、株主総会を開催する場所は重要な意味を持っています。

 

また大勢の株主の前で滞りなく株主総会を進行するのはかなりの緊張感を強いられる仕事になります。
スムーズに会を進行するためにも、株主総会の事務局の部屋も希望に応じて用意してもらえます。

 

株主総会の多様なニーズにこたえるためにも、
貸会議室を提供している企業では専門の部署を設けて対応にあたっているところもあります。
詳しい知識を持つ専門スタッフが対応してくれますので、さまざまな疑問不安も解消できます。

 

東京駅からアクセス抜群 オフィス東京の詳細

更新履歴